FC2ブログ
自称創作者の端くれとその相方兼師匠による思索と考察と実践。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年04月10日 (日) | 編集 |
こんばんは、香月です。
東京都の選挙では石原再当選とのことで非常に残念だと思います。
もしここを見て下さっている都民の方がいるなら…。
その方はきっと賢明な判断をなさってくださったと信じたいです。
何せ私は東京に住んでいないので…(その隣の県の人なんで)
喉から手が出るほど欲しかった選挙権。
それが悪く使われたとは思いたくないものですが…。

愚痴はここまでにして、とりあえずこれから出来ることを。
こんな状況下だからこそ、出来ることがある事自体、おそらく幸せだと思います。
尤も平穏な日々であれば何事も無く、何もしなくて大丈夫なのが一番ですが…(汗)

『ついにロリマンガ消滅へ 業界団体が示した「自粛案」の苛烈さ』
http://www.cyzo.com/2011/04/post_7037.html

自粛案は「出版倫理協議会と出版倫理懇話会の申し合せ(案)」のタイトルで

1:いわゆる第二次性徴期を迎える前の、13歳未満と想起させる子どもをモデルとした漫画(コミック)を出版する際には、性交又は性交類似行為を連想させる表現は自粛する。

2:いわゆる第二次性徴期を迎える前の、13歳未満と思われる子どもを大人が凌辱するような行為を描いた漫画(コミック)の出版は自粛する。

以上の二点を求めている。


自主規制こそが実は反対派を喜ばせてしまう材料なんですけどね。
この文を見てると私としては以前見た都条例の文章を思い出します。
禁止とかじゃないけど、自分からしないって言ってるんですからね。
反対派に対し、表現、または発信側が土下座しているようなものです。
批判の声も上がっているそうですが、そもそも内輪揉めを初めている時点で危険です。
読者の側としてもこの自粛案は一刻も早く取り下げて欲しいものですし。
こんなことしてたら、どう考えても規制側が調子にのるのは明らかなんですから。

そういう訳なので、他の条例関係サイト様から得た情報ですが。
こちらでも抗議や意見の送り先を載せておきます。
今回の選挙で憂鬱になっている反対派の方もいるでしょう。
その感情を怒りに変え、行動できることがあるならぜひ行動して欲しいと思います。
私も封書等を送って意見する予定です。

リンクも新しく一件追加しました。そちらを見るのもおすすめです。
出版社への問い合わせ先も載せられているので。

日本雑誌協会 http://www.j-magazine.or.jp/
問い合わせ https://ssl.j-magazine.or.jp/contact.php
住所 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1丁目7番地
tel 03-3291-0775
fax 03-3293-6239
会員一覧 http://www.j-magazine.or.jp/guide_005.html

日本書籍出版協会 http://www.jbpa.or.jp/
問い合わせ http://www.jbpa.or.jp/contact/index.html
住所 〒162-0828 東京都新宿区袋町6番地 日本出版会館
tel 03-3268-1302
会員一覧 http://www.jbpa.or.jp/outline/member.html

日本出版取次協会 http://www.torikyo.jp/
問い合わせ info@torikyo.jp
住所 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-7
tel 03-3291-6763
fax 03-3291-6765

日本書店商業組合連合会 http://www.shoten.co.jp/nisho/
問い合わせ info@n-shoten.jp
住所 東京都千代田区神田駿河台1-2日本書店商業組合連合会 事務局
tel 03-3294-0388
fax 03-3295-7180


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。