FC2ブログ
自称創作者の端くれとその相方兼師匠による思索と考察と実践。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年07月17日 (日) | 編集 |
雪風です。暫く放置いたしまして大変申し訳が御座いません。
最近は不愉快な事が続いたり
猛暑のためもありパソコンを起動する機会もすっかり
減ってしまいました。

このブログ(サークル名)はご覧の通り
「全日本國防会議」と申します、因みに「国」はあえて旧字を
使っております。
私の相方さんである香月さくひさ氏も述べておりますように
何だかおどろおどろしい名称ですが、
香月氏と数年前に話したのですが、いつか2人で合同誌を
出す場合の名称にこれが良いのではと決めたような次第。
元はというか名称の由来は現実に存在した
「全日本学生國防会議」です。

これは私にとっても非常に思い入れのある学生団体です。
いわゆる民族派の団体で全国の国防部・民族主義研究会
などの連盟とでもいった位置つけで、初代議長は
三島さんの介錯をされた早○田大学の森田氏です。
私の頃は議長は国○館大学国防部のKさん、因みに
日本学生同盟の委員長は慶○大学のTさんでした。

伊豆の島で訓練や理論学習合宿とか富士五湖の
いくつかでも会合があったり。 
私のいた学校でも民族主義研究会・国防部を
結成し、大学中の強そうな、怖そうな、一癖ありそうなのを
できるだけ多数集めたものでした(笑)
憲兵隊の色である黒の地に銀で三種の神器を描写し
たバッヂなど今も大切に仕舞いこんでおります、
青春の記念みたいなものです。

三島さんの事件のあとは・・九段会館での
憂国忌、村松氏、黛氏ほかの文化人や音楽家などとのお付合いなど。
これらの方々とは別のところでも繋がりがあったりしたもので、
いずれも今となってはただもう懐かしい思い出です。

これ以上書くと私の素性がばれてしまいますので、
上の記述もかなりボカしております、ご容赦下さいね。

そういう大切な名称を元に、香月さくひさ氏と
一緒にこのサークルを結成したような次第で、
それだけに重みというのを強く感じます。
民族派・極右と聞くとすぐに戦争を
引き起こすような人間では?という色眼鏡、偏見でみられ
てしまいますが、
私たちの目標とするところはまず「我国の精神的な
独立」「民族の文化防衛」そしてそれから派生して
「創作の自由の防衛」というところです。
BLは・・これも民族派にいたときに常に
強く感じた「精神的な絆」とでもいった事の大切さ
これは異性でも同性でも変わりがあろう筈が御座いません。

中学頃から民族派理論、東京裁判史観の見直し、
紀元節問題、などに非常に興味を惹かれそのあとずっと
高校・大学とそういう世界にどっぷり浸かっていましたが、
一番の宝物は、上記のような特殊な世界での
緊密な人と人との大切な絆と
その維持の仕方、裏切った者への徹底的な対処方などです。
これらはネットでの擬似的というかヴァーチャルな世界で
は学べるものではありません。
すべてこういう実際の経験から掴み取るしかない事柄で
しょうね、でないと、危機にさいして所謂「畳の上での
水練」という結果になってしまいます。

さて、近年、私たち創作者への風当たりがますます酷くなって
きたのは事実です。欧米の酷い「基準」がいま歴史も文化、
宗教も全く違うはずの私たちへ押し付けられようとしています。
これから、なにを目標に、どう闘っていくかを
具体的に考える時期なのでしょうね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。