FC2ブログ
自称創作者の端くれとその相方兼師匠による思索と考察と実践。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年05月03日 (木) | 編集 |
雪風です。 漸く暖かくどころか暑いほどになって
きました。
さて、海外の創作者との連携の第二期ともいうべき
時期に入りました。
第一期は、もう20年以上まえにヨーロッパ各国の
現地で知り合ってその後今日に至るまでずっと
親交を温めてきた方々です。 ほぼ全員が西側諸国で
オランダ、ドイツ、北欧諸国が中心です。

その後つい先日まで新規の方とのお付合いは
全てお断りしていたのですが、「若い創作者で
日本びいきの方が多いので面倒をみて欲しい」と再三
頼まれましたので、新規のお友達解禁というところですが。
英国とドイツの友達が
欧州のとあるフォーラムへ案内を出したそうなのですが、
たった4日ほどで25名以上も来てしまって(汗
一応「創作・ヤオイの女性限定、ヨーロッパ人限定、
ただしこれまであまり親交のなかった東欧の方は
大歓迎」で「日本の創作の自由が危機に瀕しているので
アイデアなどで支援して欲しい」という内容だったそうですが兎に角多かったですね。
下は13歳から上は30歳までで、それ以上の年齢の方が
いなかったのがちょっと残念でしたが。
中には独学で平仮名やある程度の漢字まで書ける人まで
いらして感激してしまいました。

それにしても、15、16才の東欧の創作者は
相方さん(香月氏)の初期のころを思い出させるほど
似たような雰囲気をお持ちなので驚いてしまいました。
インディヴィデゥアリストと自称しているだけ
あってそんな感じで。

困ったのは私が現在の日本のアニメやコミックを
あまりに知らないことで(汗
結局また、異国の彼女たちから教えてもらっている
ような情けない有様です。
このあたりは香月氏に助けを願うしかありません。
欧州の13から19歳辺りまでの方々のお相手は
香月氏へ丸投げしてしまいたいほどで(笑)

兎に角、新しい局面へ入りましたし、
日本の自由の維持・確保のために
私なりに欧州の彼女たちにやってもらいたいことなど
幾つかあり、これから少しづつと思っております。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。